ちえぶろ

時間を上手に使うコツや生活の知恵をお届けします!

加古川市で不動産売却を検討する!そもそも不動産売却の流れってどんな感じ?

兵庫県の南部にあり、明石市や姫路市と隣接する中核都市が加古川市です。神戸市へのアクセスも良好なため、ベッドタウンとしても機能し、不動産の需要も高い地域といえます。そんな加古川市で不動産売却を検討している方にとって、加古川市には便利な不動産会社がいくつか存在します。今回は、そのうちの一社について解説し、不動産売却の流れについてもお伝えしましょう。

加古川市で不動産売却に便利な不動産会社を紹介

加古川市には不動産会社がいくつも点在しています。その中でも積極的に不動産売却の仲介を行っているところも少なくありません。ここではその中でも不動産売却の仲介と並行して不動産買取を積極的に行っている会社について見ていきましょう。この会社は、土地、戸建、マンション、駐車場、田畑などあらゆる不動産売却の仲介を行っています。さらに自社で不動産そのものを買い取ってしまう不動産買取も行っているのが特徴です。この買取の場合は本来発生する仲介手数料が発生しないことや速やかな不動産売却ができることからいつになったら売れるかといった心配が不要です。

不動産売却の流れとは?仲介の場合

不動産売却の流れは買取と仲介の2つがあり、ここでは最初に仲介の場合について解説しましょう。まず、不動産会社を探して仲介の契約を行います。ここで売却価格の決定を行うのですが、仲介の契約によって自分でも不動産会社でも売却の活動を行う契約、不動産会社にすべて一任する契約などいくつかの形態があります。有利な方法を選ぶようにしましょう。次に買い手を探し、売り手が見つかったら売却の契約を行うと同時に手付金として売却価格の5~10%を受け取ります。そして、正式な売却の手続きを不動産会社、買い手、そして売り手であるこちらの3者で集まり、土地の譲渡の契約、残金の受け取り、そして取引の成立といった手続きを行って完了です。最後に仲介手数料など各種手数料を不動産会社などに支払って一連の売却が終わります。

不動産売却の流れ:不動産買取の場合は?

不動産買取の場合の不動産売却はシンプルです。不動産会社とこちらの2者で契約を行い、不動産の名義を変える手続きを行います。そのうえで不動産の名義を変えると同時に買取金を受け取って完了するというものです。このように流れはシンプルなものの買取価格は不動産会社に決定権があるという点に注意しましょう。