サテライトサイトのSEO対策とペナルティ | SEOに効果のあるサテライトサイトとはどんなもの?

HOME » seo効果 » サテライトサイトのSEO対策とペナルティ

サテライトサイトのSEO対策とペナルティ

表示順位を上げたい自サイトのSEO対策のため、サテライトサイトを作る方法がありますが、この方法にはペナルティの可能性があります。
きちんと効果を上げるためには、このことを確認の上、ペナルティにならないような対策を取るのが基本です。

その対策とは、きちんとサイトを作り込むことが基本となります。
サテライトサイトを使ったSEO対策は、やはりその衛星サイトありきの方法ですから、このサイトの品質が低いと、ほかにどんな工夫をしてもなかなか効果が表れません。
方針としては、そのサテライトサイトも本サイトのつもりで作るといいでしょう。
高品質なサイトを衛星サイトとして作れれば、ペナルティを受ける可能性も低くなります。

それ以外のポイントとして、ドメインやサーバの設定を変え、本サイトとは別のサイトに見えるようにすることも大事です。
このためには、ドメインやサーバも新しく契約する必要があることも多いでしょう。
その上でサテライトサイトの運用できると、ペナルティを受ける恐れをもっと小さくできますよ。

そのほか、リンクの張り方も注意してください。
1つのサテライトサイトから本サイトへ大量にリンクを張りすぎると、ペナルティを受ける恐れがあります。
完成した衛星サイトから送るリンクは、1サイトから1つだけにするなど、あまりたくさんのリンクを送りすぎないように注意すると、ペナルティの可能性が低くなり、きちんとSEO対策としての効果も出やすくなります。

このような対応をしないと、ペナルティの対象になる可能性があるのは、SEO対策を過度に意識した不自然な施策を、NGとすることが増えているためです。
もちろんサテライトサイトを使った施策自体がNGとされているわけではないのですが、ペナルティを避け、きちんと効果を上げるためには、その衛星サイトも本サイトとして見られるくらい、品質や運用状態が自然な状態となっている必要があります。
そのため、サイトはきちんと作り込まないといけませんし、ドメインやサーバも独立したものを使用しながら、リンクの数も多くなりすぎないよう意識しないといけません。
現在、業者が代行するサテライトサイトの制作や運用でも、このような方針を基本としていることがほとんどです。

ペナルティの対象になるサテライトサイトというと、低品質のサイトを大量に作り、そこから大量のリンクを本サイトへ送るといった方法になりますね。
このときはSEO対策としての効果があまり期待できない上、ペナルティの対象になる可能性も低くありません。
サテライトサイトを作るときは、ペナルティの対象にならない方法をきちんと押さえてください。

サテライトサイト制作サービス
サテライトサイト制作