ちえぶろ

時間を上手に使うコツや生活の知恵をお届けします!

不動産投資のススメ

安定している不動産投資

投資にはいろんな種類がありますが、中でも安定して運営できるのが「不動産投資」でしょう。不動産を投資目的で購入する方は増えており、中年だけでなく若い年代にも広がりつつあります。
不動産投資には主に、インカムゲインとキャピタルゲインの2種類あります。インカムゲインとは、賃貸収入を得るやり方。賃貸マンション経営が良い例でしょう。キャピタルゲインは、手にした不動産を売却することです。超簡単に述べれば、購入した金額よりも高い値段で販売し、差額分を利益として得るやり方になります。

土地オーナーと不動産投資の違いは?

不動産投資のやり方を覗いてみると、土地オーナーとほとんど変わらないと感じられるでしょう。不動産投資と土地オーナーの違いは、得た不動産をどうしたいかにあります。
手にした不動産を元に利益を得ることを重点的においているのが、不動産投資です。何をどうすれば高く売れるのか、賃貸経営なら入居者を集めて賃貸収入を上げる方法について模索するでしょう。土地オーナーの場合、利益を得るのは二の次です。優先したいのは、土地そのものの運用です。

不動産のメリット

不動産を手にすると、大きなメリットが得られます。まずは莫大な資産でしょう。土地を持つだけでも維持費や管理費はかかりますが、余程のことがない限り、マイナスになることはないでしょう。
また土地を上手く活用すれば、利益を得ることもできます。賃貸マンションだけでなく、駐車場や貸店舗としても活用可能。熊本の不動産なら、有名観光地近くに土地があるのなら、かなりの利益が見込めるでしょう。

不動産のデメリット

ただし不動産投資は、メリットだけではありません。そもそも不動産を購入するので、元手になる資金はかなりの額になります。ローンを組んで購入する手もなくはないものの、茨の道になるでしょう。
また購入した不動産の場所によっては、採算性が見込まれない恐れもあります。賃貸マンションを建設したとしても、入居者が集まるかどうかは別問題。キャピタルゲインに取り組もうとしても、何かと厳しい世の中を考えるとかなり難しくなるでしょう。

広島市で車を高く売るなら

・広島市で車を高く売りたい
・車を売却するために必要な書類は何か?
上記の悩みを持つ方に向けて、今回は広島市の自動車販売買取業者で車を高く売る方法や、必要な書類などについて紹介します。


車を高く売るコツ3選

車を高く売るためにはいくつかのポイントを押さえておくことが大切です。

・車が高く売れる時期を狙う
車を高く売るためには、売る時期が重要です。毎年、1〜3月、9月〜10月は車を高く売りやすい時期だと言われています。この時期は自動車販売買取業者の決算期であるため、少し高くても買い取ってもらえる可能性があります。

・装備しているオプションをアピールする
ニーズの高いオプション装備はプラスの査定につながる可能性があるでしょう。査定を受ける際に、アピールすることが大切です。

・車をできるだけ綺麗にしておく
内外装の清潔感は、査定を受ける際の印象アップに繋がります。車内の臭いも可能な限り無臭に近づける努力が大切です。

車を売却する際に必要な書類とは?

車を売却する際は、さまざまな書類の準備が必要です。車のタイプによって必要な書類が異なるので注意しましょう。

普通自動車に必要な書類は次の通りです。
・自動車検査証
・自賠責保険証
・自動車税種別割納税証明書
・実印
・印鑑登録証明書
・譲渡証明書
・委任状
・自動車リサイクルの預託証明書

軽自動車に必要な書類は次の通りです。
・自動車検査証
・自賠責保険証
・軽自動車税種別割納税証明書
・認印
・自動車リサイクルの預託証明書



 

意外と身近な存在!研磨のお話

美しい宝石は研磨の賜物

宝石店に並べられている、麗しい宝石の数々。太古の昔から宝石は人々を魅了し、あまりの美しさから紛争を引き起こしたほどです。しかし宝石の多くは、最初から美しい姿はしていません。多くは鉱山から採掘されますが、採掘されたばかりの宝石は泥まみれ。輝きも何もあったものではないのです。
そこで取り入れられるのが研磨。原石を適切な大きさにカットし、徹底して磨かれていきます。磨かれた宝石の美しさは見事なもので、数億円近い値段がつけられることも珍しくはありません。

包丁が切れなくなった時は研磨に限る

研磨は何も宝石だけに限った話ではないのです。身近なところで言えば、調理器具でしょう。包丁を毎日使えば、切れ味が悪くなります。そこで研ぎ石を使い包丁を研磨すれば、切れ味は元通り。最近は包丁を通すだけで切れ味がよみがえる「シャープナー」も、注目されています。
ただシャープナーの場合は刃先を荒らして切れ味をつけるので、本当の意味での「研磨」とは言い難いのが現状。包丁を長く使うのなら、研ぎ石を使うのが確実と言えるでしょう。

美味しい鰹節も研磨がもたらしたもの

鰹節も、研磨によって生み出された最高級品です。正しくは鰹節を作る「鰹節削り器」が、研磨と深く関わっています。鰹節本体は大変固く、世界で最も固い食材に認定されているほど。固い食材からふわふわの食材へ作り変えるのは、至難の業と言えるでしょう。
そこで登場するのが、鰹節削り器です。万が一質の悪い鰹節削り器を使ってしまうと、ボロボロの鰹節が出来てしまいます。風味も無くなってしまうので、冷奴の上に乗せても美味しくありません。ふわふわで風味のある鰹節を生み出すには、質の高い削り器が必要不可欠です。

鰹節を作っているのは愛媛の会社!?

鰹節削り器の質を決定づけるのが、刃そのもの。刃を手掛けている会社は色々ありますが、研磨においては愛媛の老舗企業の右に出る者はないでしょう。
世界で最も固い食材を相手にしても、刃こぼれは無し。17°~35°までのしのぎ角度に対応しており、ラインナップも豊富です。しかも刃物の研磨を手掛けて90年という、実績がございます。本物の技術は、凄まじくなっています。

東京で食べれる、たまごやきの人気店を紹介

・日本の伝統料理、たまごやきにについて知りたい
・おいしいたまごやきについて知りたい
・東京でたまごやきの名店を知りたい

上記の悩みを持つ方に向けて、「東京で食べれる、たまごやきの人気店」について紹介します。

日本の伝統料理、たまごやきとは?

たまごやきとは日本特有の料理のひとつで、家庭だけでなく料理店でもよく目にします。

たまごやきの味は関東と関西で分かれます。関東では甘めに味付けされ、少々きつね色の焦げ目がついたたまごやきが人気です。

関西ではしょっぱいたまごやきが一般的です。震えるほど柔らかく、色鮮やかな黄色をしているのが特徴です。

たまごやきの種類とは?

たまごやきには3つの種類があります。

・だし巻き卵
主に関西で食べられます。卵に出汁を合わせて焼き上げるのが特徴です。出汁の量によって味の濃さが変化します。

・厚焼き玉子
主に関東で食べられます。砂糖を多めに入れるため甘いのが特徴です。また、だし巻き卵に比べて焦げやすいので注意が必要です。

・カステラ玉子
主に鮨屋で見られる卵焼きです。見た目がカステラに近いことからカステラ玉子と呼ばれています。

東京で食べれる、たまごやきの人気店を紹介

東京にはたまごやきの名店がいくつかあります。

南千住にあるたまごやき専門店はテレビでも紹介された名店です。

そのほかにも東京を訪れたらぜひ食べたい、たまごやきの人気名店を紹介します。

・築地 山長
昭和24年に創業した老舗で、今もなお人気を誇ります。特に人気なのが100円で食べれる「串玉」です。職人が1本1本丁寧に焼き上げているのを目の前に、美味しいたまごやきを食べることができます。

・築地 丸武
大正末期に創業し、80年以上人気のあるたまごやき店です。タレントであるテリー伊藤の兄が3代目を継いでいることで有名です。一日4000個焼く人気店に足を運んでみてください。

・松露 グランスタ東京駅エキナカ店
東京駅のグランスタ内にあるので、観光客でも気軽に買うことができます。たまごやきだけでなく、卵サンドなどの総菜も扱っています。

今回は東京でたべられる、たまごやきの人気店について解説しました。東京に訪れた際はぜひチェックしてみてください。

埼玉県三郷市の食材は?農作物を中心に野菜やくだものを紹介!

埼玉県三郷市は、近郊農業が盛んなエリアとして、様々な食材が生産されています。
しかし、ショッピングセンターなどの商業施設が強いイメージを持っているため、食材についてはいまいち知名度が低いのも事実です。

そこで今回は、農作物を中心に三郷市の食材について解説していきましょう。

三郷市には全国有数の生産量を誇る食材がある!

三郷市には全国有数の生産量を誇る食材があります。
それは、小松菜です。
三郷市で生産される小松菜は、毎年1,000トンを超えており、市町村別の生産量では常に全国のトップ10を維持しています。
小松菜は短期間での出荷が可能なところで、三郷市でも盛んに生産し、季節を問わず年中収穫できるように、種類を工夫したり、種まきの時期をコントロールしています。
カルシウムが豊富なだけでなく栄養価が高いので栄養面に優れていることから、東京などの大消費地に喜ばれ、多く出荷できるメリットもあります。
三郷市では特産品として学校給食の食材としても使用されている点も特徴といえるでしょう。

また、市では小松菜のレシピも紹介しており、PR活動に努めている食材でもあります。

その他もある!三郷市の食材

小松菜が特産品として力を入れていることが多い三郷市ですが、野菜やくだものも食材として生産に力を入れています。

野菜では、年間を通じて生産がされており、冬場はブロッコリー、白菜、ねぎといった野菜が食材として知られています。
夏場はトマト、キュウリ、枝豆といった野菜も生産されているのが特徴です。
このほか東京に近いことからキノコやホウレンソウ、米といった食材も生産されています。

くだものの生産も盛んです。
特にいちごの生産が盛んで、埼玉県内でもトップクラスの生産を行っています。
シーズンにはいちご園でのいちご狩りが行われており、観光資源にもなる食材として注目されています。

 

 

高知県で盛んな高品質ななす、その秘密は促成栽培にあり

高知県は、なすの生産量が全国でもトップクラスであり、その中でも特に高知なすは品質が高く人気があります。高知なすの特徴は、独特の甘みがあることや、果肉が柔らかくて肉厚であることです。また、高知県ではなすの栽培において、促成栽培が盛んに行われています。これは、温暖な気候を生かし、ハウスなどの施設を使って、ナスを早期に収穫できるようにする方法です。そこで今回は、高知県で盛んななすの促成栽培とは何か、その特徴についてご紹介します。

高知なすの特徴と出荷時期について

高知県は、日本全国でも有数のなすの生産地であり、代表的な品種や促成栽培技術の発展にも貢献しています。高知県の温暖な気候を生かし、野菜の中でも特にナスの生産に力を入れており、施設を活用したハウス栽培や地域ごとの特色ある栽培技術を駆使して、品質の高いなすが収穫されます。主に8月から9月にかけて出荷されるが、市場に出回る時期は全国的にも3月から6月と幅広く、その出荷量は全国でもトップクラスです。高知県はなすの生産量だけでなく、品種改良によって効果的な栽培技術の開発にも注力しており、今後も地域の特色を生かしたなすの生産に取り組んでいきます。

高知県で盛んななすの促成栽培とは?

高知県は温暖な気候に恵まれており、農業や園芸に適した地域です。特に、なすの促成栽培が盛んです。促成栽培は、温度や環境を管理することで、通常よりも早い時期に収穫ができる栽培方法です。この方法で育てられたなすは、品質が高く、出荷時期も早く、全国的にも有名な産地となっています。高知県では、なすだけでなく、ピーマンなどの野菜も促成栽培されており、中心地域の安芸市をはじめとする平野部で生産が行われています。ハウス内での管理も徹底されており、ハチを使って受粉を行うなど、環境にも配慮されています。生産量も多く、高品質ななすが収穫されるため、全国に出荷されています。

 

みよし市にもある!デイサロンってどんな施設?

愛知県のみよし市は、介護サービスが充実している地域でもあります。
そんなみよし市にもデイサロンと呼ばれる介護サービスが存在し、今もサービスを提供しています。
今回は、みよし市にあるデイサロンとはどんな施設なのかを解説し、デイサービスとの違いについてもみていきます。

みよし市にもあるデイサロンとはどんなサービスなのか

みよし市にあるデイサロンとは、デイサービスに類似したサービスです。
通所で施設を利用し、施設内で入浴、食事の提供、介護、生活に対しての相談・助言、健康状態の確認などのサービスを受けられる仕組みになっています。
施設といっても、介護施設や病院のような雰囲気ではなく、家にいるようなアットホームな環境でサービスが受けられるのが特徴です。
また、娯楽やレクリエーションが充実している施設が多く、楽しめる介護サービスといえるでしょう。

みよし市にあるデイサービスとの違いは?

みよし市にはデイサービスがあります。
しかし、デイサロンとは明確に違う点として、対象者、機能訓練の有無といった点が挙げられます。
まず、対象者は主に介護認定を受けていない方です。
厳密には「65歳以上で生活機能が低下し、 近い将来に要介護・要支援が必要となるおそれがある高齢者」と呼ばれる特定高齢者になります。
そのため、みよし市でも二次予防事業の対象者に分類される上記の高齢者の方を対象にしてデイサロンを実施してます。

次に機能訓練の有無があります。
デイサービスの場合は、ほとんどすべての場合において機能訓練として何らかの運動が行われます。
しかし、デイサロンでは体操などは行うものの機能訓練を実施しないところも少なくありません。

このような違いがあるものの、みよし市ではデイサービスと併設されていることもあり、両社との違いが明確になっていない部分もあります。
また、デイサロンという施設名でも実際はデイサービスのみということもあるので、念のために確認しておきましょう。