ちえぶろ

時間を上手に使うコツや生活の知恵をお届けします!

三重県の暖かな介護を支える居宅介護支援の事業を紹介!

三重県は、南北に長い県です。桑名や四日市から南部の尾鷲まで多くの人々が住んでいますが、高齢化の進んでいる地域でもあり、介護が必要な人々が増えているのも現実です。このような状況でも暖かな介護を支えるために居宅介護支援の事業を展開し頑張っている人々が居ます。そこで今回は三重県の居宅介護支援の事業を紹介しましょう。

三重県の居宅介護支援の事業を紹介

三重県の居宅介護支援の事業は、ケアマネジメントと呼ばれる事業が展開されています。いわゆるケアマネさんが活動するもので施設内でも事業を展開しているケースがみられるため、厳密には居宅介護のサービスではないものの、広い意味では在宅サービスの一つと数えられます。そんな三重県の居宅介護支援では、多くの場所で事業が展開されており、例えばデイサービスと併設しているところもあります。特に津市や四日市に多く事業所があり、津市では140ヵ所以上、四日市市では100ヵ所近い場所で居宅介護支援が行われています。一方、朝日町では1か所で居宅介護支援を支えている状態です。人口では四日市が多いものの、県庁所在地ということから介護支援事業所は津市の方が逆転している傾向があるものの、基本的に人口と比例した事業所数になっているのが特徴です。

居宅介護支援はどんなサービス?

居宅介護支援は可能な限り自宅で日常生活を送るために各種介護サービスと連携してサービス提供の支援を行うことです。介護支援専門員、いわゆるケアマネージャーが中心になって事業を運営し、プランに基づいて適切なサービスを提供しているのが特徴になっています。事業者や関係機関との連絡調整を通じて利用者に最適な介護サービスの提供を行う仕事です。

居宅介護支援はいくらかかるの?

介護サービスと言えば、必ず自己負担が発生するものです。しかし、居宅介護支援については介護保険からの全額支給が行われるために自己負担金無料で利用することができます。つまり、居宅介護支援の相談をして計画をしてもらうだけなら気兼ねなく依頼できるということを意味します。